めばえのこと

TOP  >  めばえのこと  >  学校理念

学校理念

品格を育てる

めばえ国際学園は胎児期や乳幼時期からの人間教育と知能教育で、自立心と社会性のある人間の礎を築きます。

人間教育は胎児期からの愛情を基盤に、乳幼児期から習得目標にある立腰と躾の三原則の実践をいいます。
腰骨を立てることで己の主体性(自主性・独立性・実践性・持続性)を培い、躾の三原則は最低限の礼儀と品格を培う基盤になります。
知能教育は、理解力・記憶力・解決力・創造力・転換力・表現力を育てる教育をいいます。

教育方針

教育理念実現のため五つの部門を確立し、本物体験を教育の基本に一人ひとりの能力開花基礎作りに力を注ぎます。五部門が教育実践を重ね、お互い連携し合い、教育内容を高めます。

  • [総合教育部門-全日制インターナショナルスクール-]
    • ・月~金の全日制、英語のシャワーを1日中浴びます。
    • ・英語を英語で理解する力を育てます。
    • ・自分の考えを持ち、意見をはっきりと発表する練習。
    • ・幼児教育にたけた職員の手厚いサポート。
  • [知能開発部門]
    • ・積極的に取り組む、意欲のある子どもを育てます。
    • ・友達との競争ではなく、自分と競争のできる子どもを育てます。
    • ・創造力豊かに考え、解決力のある子ども育てます。
  • [子ども英会話部門]
    • ・乳幼児期から多くの本物の英語に触れ「話せる」英語習得の基礎作りをします。
    • ・国際共通語である英語習得と共に、コミュニケーション能力を培い、
      世界で活躍する人間を育てます。
  • [野外教育部門]
    • ・自然体験活動を通して、リーダーシップと科学の目を育てます。
    • ・命をテーマに豊かな自然の中で多くの本物体験をします。
  • [発達障がい部門]
    • ・社会生活を送る上で必要な、社会的能力を育てます。
    • ・生きていくために必要な学習能力を育てます。
    • ・早期から成功体験を増やします。

職場の三原則

1、時を守り 1、場を清め 1、礼を正す


COPYRIGHT © めばえ国際学園 ALL RIGHTS RESERVED.